お手入れ必須のワキあなたは何派?黒ずみを防ぐムダ毛ケア

ワキ

女性がムダ毛の気になる部位のトップがワキということです。
アンダーヘアと同じで、ワキの毛も濃くて太いうえ見えずらく、処理ずらい部位のひとつです。

思春期を過ぎたころから、多くの女性がワキのムダ毛に悩まされるようになります。

薄着の季節はほんとに面倒、処理を忘れようものなら一日生きた心地がしなかったりします(汗
彼女のワキの毛を発見して、彼の熱が一気に冷めた、という話もあります。

デート前のワキのケアはくれぐれもおろそかにしないほうがよさそうです。

肌にやさしいのはどれ?

両ワキの処理方法ですが、他の部位に比べても色々とありますね。

多いのが、手軽なカミソリ派。
次に、毛抜きや電気シェーバー、エステと続きます。

カミソリや毛抜きは、安いし手軽なので人気です。
デメリットとしては、すぐ生えてくる、カミソリ負けや埋没毛になりやすいなどがあげられます。

手軽にやりがちな処理方法ですが、実は、皮膚へのダメージが大きい処理方法でもあります。
刺激による色素沈殿から、黒ずみなどのトラブルをおこしやすいです。

電気シェーバーは、刃を直接皮膚にあてないので、皮膚へのダメージは少ない設計です。
比較的肌トラブルになりにくい処理方法といえます。

カミソリや毛抜きのようにはキレイに処理できないのが最大の難点ですよね。
しかも、すぐ伸びてくるので、頻繁に処理することになります。

除毛剤は、皮膚表面の毛を薬で溶かして処理するので、表面はもっともキレイに仕上がります。
ですが、こちらも薬剤を使うので、かぶれたり痒くなったり、肌の弱い人にはおすすめできない方法です(>_<)

ワキは皮膚が柔らかいので刺激に弱く、黒ずみになりやすい部位です。

エステの両ワキ脱毛は、除毛剤よりも安くできるようなところもあります。
はやめにエステに切りかえれば、黒ずみなどの肌トラブルを未然に防ぐことができます。

脱毛後は自己処理いらずになるので、快適に過ごせるようになるのでおすすめです。
>>自己処理より安いワキ脱毛!?黒ずみ予防にも

 

関連記事

乳首コンプレックス解消

乳首

乳首コンプレックス解消!肌にやさしい乳首黒ずみ美白クリーム

だれにも相談できない乳首の黒ずみ、ピンクの美乳に憧れますよね? 20代から30代女性の約9割が、乳首の色にコンプレックスを持っていると…

ページ上部へ戻る